コントロールできるのは自分の気持ちだけ

相手の行動をある程度指示して思い通りに動かすことはできますが、相手の気持ちはどうでしょうか?

いくら「すごいです!」「感動しました!」と言われても、本当にそう思ってるかはわかりませんよね。笑

しかし、わかる必要など無いのです。

何故なら相手の本心なんて知りようがありませんし、相手が心の中で何をどう思おうが、それは全て相手の勝手であり心の中は完全なる自由意思です。
誰にも侵略などできないのです。

ですから相手の気持ちは思い通りにできませんし、期待するだけ無駄なのです。

当たり前ですが、コントロールできるのは自分の気持ち・行動だけです。

スポンサーリンク

期待しなければラクになれる

相手が自分のことをどう思おうが、それは全て相手の勝手であり自由なのです。

そこに期待をしてしまうと、結果的に自分を苦しめることになってしまうでしょう。

良かれと思ってやってあげたのに、思ったような反応が返ってこなくてモヤモヤしたことがないでしょうか?

そうです。その時のアレです。アレ。笑
多分とってもイヤ~~な気持ちになったと思います。私もなりました。

でもそれは相手に期待してしまったが故の、私自身の落ち度とも言えるべき部分なのです。
思い通りの反応、例えば感謝の気持ちなどが返ってこなくても、相手は悪くはないのです。

最初から期待などしなければ、プライドを傷つけられた気持ちにもなりませんし、裏切られたような気持にだってならないのです。

そもそも相手に見返りを求めて恩を売るという行動は、あまり褒められたものではありませんよね。^^;
でももしかしたら知らず知らずのうちに結構やってしまってるものなのかもしれません。
相手の反応を見て楽しんだり、一方的に恩を売って自己満足に浸ってしまったり。
難しいですね。。^v^;

自分がそうしたいならそれでいい

たとえ相手から感謝されなくても、あなたが相手のためにしてあげたい・やってあげたいと思うことはしてあげて良いのです。やってあげて良いのです。

もちろん相手の迷惑になるようなことはしたらダメですが、相手から感謝の気持ちや見返りを求めることはせず、自分がそうしたいからするで良いのです。

できるだけ賢く生きるに越したことはありませんが、損得勘定で人と交流するのはあまり面白くないかもしれません。

損得勘定で人と交流していると、あなたの周りに集まる人間も同じような人種になる可能性が高いでしょう。

他人の気持ち・心は思い通りにならないしコントロールできません。

コントロールできるのは自分の気持ち・心だけ。

相手には期待しない。感謝の気持ちも見返りも求めない。

それでも相手のために何かしてあげたい、やってあげたいことがある。

それで良いのです!