生きる気力が湧かない。

やる気が出ないというのではなく、生きていくこと自体に疲れてしまう時があります。

まるで自分の中で何かがプツリと音を立てて切れてしまったかのような無気力感。

そして虚無感。

そんな状態になってしまうと、もはや自分ではどうしたら良いのか分からなくなります。

どうしたら良いのか考えることも、難しくなるのです。

ただ、このような状態の場合、症状によっては早めに病院に行った方が良いこともあります。

もしかしたら、鬱なども場合もありますので。。

なので、気力が湧かなかったり、深く塞ぎ込んでしまうような状態が長期間続いた場合は、一度病院に行かれることをおすすめします。

以下は、一時期的に気持ちが落ち込んだり気力が湧かなくなってしまった時の、私なりの対処法です。

何か少しでも参考にして頂けたら幸いです。^^

何もしない

本当に何もしたくない時は、何もせずぼーっとしておきましょう。

昔お世話になった先生が「何をしたらいいか分からなくなった時は、一度全部のことを辞めてみるといい。そして何もしない。そうしていると、次第に少しずつ自分のやりたいと思うことが自然と出てくることがある。」と言っていたことがあります。

本当に何もしたくない時は、何もしないでいて良いのです。

何もせず、ひたすらぼーっとして過ごすのです。

すると、次第に少しずつ自分の中でやってみたいことがいろいろ出てくることがあります。

それを1つずつやっていけば良いのです。

そのようにして、少しずつ気力を取り戻していくのです。

ちなみに少し話が逸れますが、人間は、いざ自由になると、何をしたらいいのか分からなくなることが多いようです。

あんなに自由を求めて頑張ってきたのに、いざそうなっても、実は大してやりたいことが無かった。

実際に周りにそんな人たちがいたりするので、本当なんだなぁと思った次第です。^^;

スポンサーリンク

外に出る

家でぼーっとするのが飽きてきたら、外に出てみましょう。

散歩したり、温泉に行ったり、少しまとまった休みがあれば、私なら一人で旅行に出かけたりもします。

もともと一人で過ごすのが好きというのもありますが、一人でいろんな場所を巡ることで、良い気分転換にもなるのです。

それによって、また少し頑張ってみよう・・となれれば良いと思います。

人と話す、交流する

人付き合いがあまり得意ではない私にとって、実はこれは少し敷居が高いのですが。^^l

人とお話したり、交流したりすることは、本当に良い気分転換になるのです。

人とお話した時は、自分はどうしてあんなに悩んでいたんだろう?と思うことが多かったです。

どうしてあんなに塞ぎ込んでいたのだろう?と思うことも少なくありませんでした。

リアルでの交流が難しい場合は、今はSNSを利用した人との交流も盛んにとれる時代なので、そういうものを利用してみるのも良いかもしれません。

ただし、素性の全くわからない相手とのやりとりは、時に危険をはらむことに十分注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク


それでもダメな時は・・

気力が無いのに外へ出たり、ましてや人と話すなんて論外。

何もしないでいるのもなかなか辛い。。

私の場合は、寝ます。

とにかく寝ます。

時間の許す限り、何時間でも眠り続けます。

眠る力というのは、本当にスゴイもので、何か嫌なことやモヤモヤすることがあっても、大抵の場合は寝るとリセットされることが多いです。

(もちろん悩みの深いものは別ですが・・)

なので、私は睡眠の力をよく借ります。

元気になるまで、何時間でも、何日でも、時間があれば眠り続けます。

そのようにして、少しずつ自分の中に英気を養っていくのです。

人生は、疲れたら休んでもいいのです。

休みながら、少しずつでも前に進んでいけばいいのです。