今までいろいろなこと(主に仕事)から逃げ出した過去がありますが、その結果どうなったかを簡単にまとめてみました。

結論から申し上げますと、逃げたら余計に辛くなったことも確かにありました。

ありましたが、それ以上に得たものも多く、結果的には逃げて良かったと思う部分も多いです。

”逃げる”というとどうしても卑怯で意気地なしのような印象があり、そんな自分を情けなく思う方も多いかもしれません。

私もそうでした。

自分はなんてダメな人間なんだろう。

どうしてこうなんだろう。

逃げてばかりいて、いつまで経っても何も解決しない。

・・ん?

逃げてばかりいるのは本当だけど、何も解決しないのは本当だろうか?

正直そんなことないと思うし、手に入れたものもたくさんある。

これに関して、今回少しばかりお話できることがあると思ったので、記事にしてみました。

スポンサーリンク

惣菜屋のバイトが嫌になって辞めた結果

今から10年以上前。
上京して1年後、学生時代にやったアルバイトでした。
それまで働いた経験の無かった私にとって初めてのアルバイトはとても新鮮で、多少嫌なことがあっても全く動じませんでした。

しかし半年~1年くらいたった頃、当時ネトゲに盛大にハマっていた私は次第にバイトに行くのが面倒になっていました。
学校をサボって朝から晩までネトゲ三昧という廃人みたいな生活をしていたこともあり、バイトのある日は憂鬱で仕方ありませんでした。

バイト先は駅前のお惣菜屋さんで、今思うとかなり激務な所でした。
いろんなお客さんもいるしクレームも結構あって、バイトのバックレなんかもたまにあるような所でした。^v^;

2年働きましたが通学先のキャンパスが変更になったこともありそれを口実に辞めました。

最後の方はほとんどシフトに入ってませんでしたが、辞めた時はスッキリしましたねー(´▽`)

キレイさっぱり!って感じでした。

仕事から彼氏から東京から逃げた結果

東京でアパレル会社に勤めていた時の話です。

この仕事は就職して初めて勤めた会社で、何だかんだ言って4年いたんですけど、入社して1ヶ月くらいで辞めたくなりました。笑

店舗で働いてましたが想像以上に大変で、人間関係もそこそこ厳しかったです・・
アパレルに限りませんが、結構性格のキツイ人が多かったです。^v^;

2年くらいたった頃には私も立派なキツイ性格になっちゃってましたが、先輩上司に楯突いて影で泣いたりしたことは数え切れないくらいありました。今となっては良い思い出ですが、体調不良も結構あって、やっぱりキツかったですね・・。

仕事も嫌で上司も苦手で、体調不良がいよいよヤバくなってきた私は逃げるように辞めたわけですが、プライベートも上手くいっていなかった私は当時一緒だった同棲相手とも別れて何もかも放り出して実家のある田舎へ帰って来ました。

仕事を辞めて体調は良くなったし、ほぼ情で長年ダラダラ付き合っていた彼氏と別れたのも自分にとっては良かったです。束縛から解き放たれたというか、自由になった開放感がハンパなかったです。^v^;

しかし実家へ戻ってきたのは失敗だったと思っています。

時間が解決してくれることもある

何もかも嫌になって、とにかく一旦この環境から離れたいと思い東京での仕事を辞め彼氏とも別れ、アパートも引き払い田舎へ戻ってきたわけですが、何のアテも無かったのですぐに途方に暮れてしまいました。今思うとアホですが、「これからどうしよう・・」って思いました。^v^;

仕事もすぐに決まらず、先も見えなくて不安ばかりの毎日でした。

実家へは帰らず東京で仕事を探すべきだったと、あの頃の自分に強く言いたいです。(ーー)

しかし結果的には実家という落ち着いた環境の中にいたため趣味だった副業(ウェブ関連)に全力で取り組むことができ、今では立派な収入源になりました。

仕事仲間もたくさんできましたし、田舎暮らしもそこそこ楽しめました。
長い人生少しくらい寄り道したり休んだりするのも悪くないなと思いましたし、最初は不安でも時間が解決してくれることもあると学びました。いろいろ良い経験になったと思います。

実家へ帰ってきたことを後悔していましたが、結果的に副業の仕事を起動に乗せることができたので良かったのかなと思うようにしています。(´ω`)