平凡に淡々と同じような毎日を繰り返し生きてると、ふと「このままでいいのかな?」とか「何かしなきゃいけないんじゃないのかな?」と思うことがあります。

学生時代までは、自分には何故か無限の可能性があるような気がして、夢に溢れていたような気がします。

でもその大半は幻想であったことを、大人になって知りました。

平凡どころか、もしかしたらそれ以下の人生を生きてるかもしれない自分を、昔の自分が知ったら、一体どう思うでしょうか。

そう考えると、早いとこ何とかしないといけない。

人生を挽回しないといけない。

そんな風に焦ってばかりいた時期が、かなりあったと思います。

焦ったところで、いいことはほとんど無い

何でもいいから何かしなきゃ・・と焦ってる時にやったことは、私の場合、たいてい実を結びませんでした。

”何かすること”そのものに価値があると思ってるため、肝心の取り組むものそのものに興味が無いのであれば、それは何の意味も成さないのです。

そして焦ってる時ほど、自分を見失いがちです。

そんな時に何かしようと思っても、上手くいかないのです。

上手くいかないどころか、後悔するようなこともたくさんありました。

その時すごく思ったのが、別に焦って行動しなくても、自然に任せてれば良かったのかも・・ということでした。

スポンサーリンク

ご縁や成り行きに任せてみるのも有り

新しい環境での慣れや、人との交流関係も、焦って慣れようとしたり仲良くなろうとしても、上手くいかないどころか辛くなることの方が多かったです。

一度にたくさんいろいろなことを覚えようとしてパンクしてしまったり、相手のことを考えず自分の気持ちだけで交流しようとしてしまったり・・。

今思うと、愚かなことばかりしていたと思います。

けれどいつの頃からかそういうのを辞めて、最初は不安でもできるだけご縁やその場の成り行きなどに任せるようになってからは、自然と上手くいくことが多くなりました。

仕事も、人間関係も、プライベートも、いろいろなことがスムーズに運ぶようになったのです。

同じように、何かしなきゃ・・と思って新しいことを始めようとするよりも、目の前のことを頑張ったり、自然の成り行きや流れに身を任せることで新たなステージへ導かれることもあるようです。

そしてそっちの方が、焦って無理矢理やろうとするよりも、ずっとラクなことに気付いたのです。

何かしてもしなくても、人生は大して変わらない

そもそも、何かしてもしなくても、人生にはそれほど大きな影響は無いのかもしれません。

それなら、焦って無理矢理に何かしようとするよりは、適当に日々を楽しみながらご縁のあったものを手に取っていった方が良いのかもしれません。

ご縁というのは本当に不思議なもので、いつどこでどのようなものに恵まれるか全くわからないのです。

どのようなご縁に恵まれるのか、最近はそれを楽しみに生きるようにもなりました。^^

新しい人生の楽しみ方を発見できて、とても嬉しく思っているのです。

今持ってるものを大切にしてみましょう

自分に無いものを欲しがるよりも、今持ってるもの、今自分の手の中にあるものを大切にしてみるのも良いかもしれません。

仕事、人間関係、プライベート、趣味、その他もろもろ、今のあなたが持ってるものを大事にして日々を過ごしてみることで、それまで見えなかったものが見えてきたり、そこから新しく始められることもあるかもしれません。

そういうご縁を、ぜひ大切にしていってほしいと思います。