求めれば求めるほど、それは遠ざかる

学生時代、交友関係が上手くいかず悩んでた時期がありました。
私が仲良くしたいと思う人は他の生徒からも人気者で、どちらかというと私は地味で暗い子供だったので友達も少なかったです。^v^;
もちろん地味で暗いから友達が少ないとは限りませんが、要は私にはあまり友達になりたいと思ってもらえるような魅力が無かったのだと思います。

みんな誰かと、もしくは集団で行動してるのに、私はいつも一人ぼっち。

寂しい。私も友達が欲しい。いつも一緒にいてくれる友達が。
私だけを大事にしてくれる友達が。

私は自分を構ってくれる人が欲しかっただけで、本当に友達が欲しかったわけではなかったんだと思います。
みんなが常に誰かと一緒でいるのに、自分だけ一人は恥ずかしい。
そのような学校の中での世間体を気にしていたのだと思います。

そしてそういう気持ちが大きければそれは相手にも伝わってしまうのか、
求めれば求めるほど、みんな私から離れていくような気がしました。笑

求めれば求めるほど それは遠ざかる

という話を大人になってから知りましたが、私自身が身を持って経験したことだなと思いました。^v^;

スポンサーリンク

諦めれば、求めなければ、ラクになる

こちらの記事でお話している通り、相手の行動はいくらかコントロールすることはできても、気持ちや心まで操作することはできません。

当たり前のことですが、当時の私は自分のことしか考えてなかったのでそれがわかりませんでした。

友達は欲しかったですが、それでもだんだん一人でいる環境にも慣れてきました。
仕方ないので、私は勉強や部活を頑張るようになりました。

勉強でわからない所を確認し合ったり、部活を一生懸命やっていた結果、いつの間にか周囲の人達と仲良くなっていきました。

自分でも不思議だなと思いましたが、求めることを辞めた結果、ずっと欲しかったものが今度は向こうからやってきたような感覚でした。

友達を作ろうと思っていた時は作れず、勉強や他のことを頑張っていた過程で少しずつ打ち解け合い仲良くなっていったような気がします。

なんかよくわかりませんが、それでいいんだと思いました。笑

当時はとても辛かったですが、今となっては良い思い出ですし、良い経験になったと思っています。

同じように大人になってからは趣味や仕事を通して出会った仲間がたくさんいます。
仲間が欲しい!と思って出会ったというよりは、仕事に夢中になっている過程・道中で出会った仲間と意気投合して仲良くなったという感じです。

自分で言うのもなんですが、とても素晴らしいことだと思います。
こういう出会いをこれからも大切にしていきたいです。

他人に期待するのを辞めれば、ラクになる

他人に期待するのを辞めれば、あなたは今よりもっと生きやすくなるでしょう。

それまで他人に期待していたものを、今度は自分に向ければ良いのです。
欲しい物は他人に与えてもらおうと思わず、自分で手に入れれば良いのです。

他人に期待するのを辞めれば、幸せの感度が上がります。

何か1つモノを与えられれば、その時に感じる幸せの度合いが増すのです。
普段から期待していればそれは自分の中で「当然のこと」と思ってしまうのであまり幸せは感じないかもしれません。
しかし期待していなければ、それはサプライズ的な喜び・幸せとなってあなたを喜ばせるでしょう。

他人に期待するのを辞めれば、今よりもっと楽しく、ラクに生きられるようになるかもしれません。