kdhiink

どうしたいのか

こちらの記事にあるように、私は一時期どうしようもない焦燥感にさいなまれていた時がありました。

そして潜在意識や自己啓発に関する本を読んだり、いろいろな角度から物事を考えてみた結果1つの結論に辿り着きました。

それはこの先の人生を、どのように生きていきたいのかということでした。

それまではずっと、どうしたらいいのか、何をしたらいいのかということばかり考えていました。

しかしそうではなく。

”どうしたらいいか”ではなく”どうしたいのか”

”何をすべきか”ではなく”何をしたいのか”

自分はどんな風に生きていきたいのか。

そして、どのような自分になりたいのか。

それを考えるようになりました。

スポンサーリンク

心地良く過ごすことも大事だけど。。

潜在意識系の書籍には、心地良く過ごすことの重要さが書かれてありました。

確かに、そのように思います。
いつも満ち足りた気分でいることができれば、良いことはより良く感じられるようになるでしょうし、嫌なことがあってもそれほど辛く感じることがなくなるのかもしれません。

しかしこれは、ただ闇雲に心地良い気分でいようと、そのように自分を思い込ませることとは違うのです。

すでに夢が叶った自分をイメージして行う断定系のメソッドがありますが、あれもただ闇雲に自分に言い聞かせても、潜在意識が反応していなければ何も意味がないのです。

辛いだけなのです。

本当は幸せでも何でもないのに、心地良い自分を演じる必要はありません。
本当は不安で仕方ないのに、「夢が叶いました!」と自分に言い聞かせる必要もありません。

私はこれに気付いて、それらの実践を止めました。

その代わり、自分が楽しさを感じるのは?何をしている時が楽しいのか?を考えるようになりました。

仕事やプライベートを抜きにして、何をしている時が楽しいのか、どんな時に幸せを感じるのかをひたすら考えるようになりました。

そして次第に考えるようになったのが、”この先自分はどんな風に生きていきたいのか”ということでした。

 

スポンサーリンク


人生が変わっていった

私は唐突に、webデザイン関連の勉強を始めるようになりました。

それ以前もやったことがありましたが、すぐに挫折してしまいました。

それが何故かわかりませんが、再び勉強するようになりました。

来る日も来る日も、ひたすらPCに向かって作業を続けました。

学んだことを元に、副業を始めました。

少しずつですが、次第に報酬も増えていきました。

今では立派な収入源の1つとなっています。

またその仕事を通して出会った仲間がいます。

一緒に仕事をしたり食事をしたりゲームをしたり。

共に過ごした時間は、私のかけがえのない財産です。

私は、自分でお金を稼ぐ力を身に着けたいと思いました。
そしてそのお金で暮らしながら、共通の仲間を見つけ、交流を図りたいと思いました。

収入が増えるまでは時間がかかりましたが、仲間と出会うまでには半年もかからなかったと思います。

今では大切な存在です。
一緒に過ごした時間は、私の大きな財産です。

その時間が、さらに私を成長させてくれるのです。
仕事の効率も上がり、収入も増えていくのです。

昔はとにかくお金が欲しくて、そればかり考えていました。

アレが欲しい。コレも欲しい。

本当に自分のことばかりでした。^^;

今もお金は好きですし、欲しい物だってあります。
でも、ちょっと違います。

仕事を通してもっと多くの人に貢献できないかとか、もっと楽しいことができるんじゃないかとか、傲慢で恐縮ではありますがそのようなことを考えながら毎日生きております。

そして信頼できる仲間と共に、切磋琢磨しながら、尊重し合いながら生きていく。

これが私がイメージした、”こんな風に生きていきたい”というライフスタイルです。

みんな違っていいのです

どんな風に生きていきたいのか
どんな自分になりたいのか

この形は、1つではありません。
皆さん違うと思いますし、それで良いのです。

育った環境、生きてきた境遇、何もかも一人一人、皆さんそれぞれ違うのです。

ですから考え方や感じ方などの価値観も違って当然なのです。

そのような異なる環境の中から、あなただけの生き方、ライフスタイルを見つけていけば良いのです。

他人と同じである必要性など全くないのです。

このブログではあなたの生き方やコレだ!と思えるようなライフスタイルを見つけるための、お手伝いになるような記事を書いています。

私の体験談や主観が多く盛り込まれておりますので、若干解釈の異なる部分もあるかと思います。

それでも何か少しでもお役に立てれば幸いです。

それほど遠くない未来が、あなたの描いた人生そのものになることを祈っています。

仕事に行きたくない/今の仕事が合っていない気がする