私は過去に、仕事もプライベートも何もかも放り出し、すべてから逃げたことがあります。

最初はとても解放感でいっぱいでした。

しかし2週間くらい経つと、だんだん不安になってきました。

これからどうしよう・・

不安とともに、焦るようになっていきました。

何故なら、私は逃げた後のことを何も考えていなかったからです。

逃げることはOK、逃げ続けることもOK

私は、基本的に何かから逃げることは別に悪いことでも何でもないと思っています。

逃げずに立ち向かうことで、その分強くなったり己を成長させることができるのも重々承知してはおりますが、それでも無理な時は無理だし、ダメなものはダメなのです。

なので私はいろいろなことから何度も逃げてきた経験があります。

仕事はもちろん、人間関係、長年付き合った恋人からも・・

しかし、後悔してることは1つも無いのです。

どうしてあの時逃げてしまったのだろう・・と思うことは、ほとんどありません。

強いて言えば、都会から実家のある田舎へ逃げ帰ったことくらいでしょうか。

田舎では本当に仕事探しに苦労しましたし、突然大きく変わった環境についていくことができず、ずいぶん辛い思いをしました。

田舎へは帰らず、都会でそのまま頑張れば良かったと、後悔しました。

そして何度も逃げ続けて感じたのは、逃げれば逃げた分、私が戦える場所、テリトリーはどんどん狭くなっていく・・ということでした。

スポンサーリンク

限られたテリトリーで戦うしかなくなる

一度逃げ出した場所へは、基本的に二度と戻りたくありません。

そうなると、自分の戦える場所、テリトリーがどんどん狭くなるわけですが、これは考え方次第では、「どうせ戻る気無いんだから関係ないでしょ・・」となるかもしれません。^^;

戻る気のない場所は、テリトリーでもなんでもない。

そう考えますと、自分が戦える場所、生息できるテリトリーを探さなくてはならないのですが、このためには、まず逃げた後にどうするかを事前にしっかり考えておくべきかもしれません。

そんなの当たり前・・と思える人は良いのですが、「とにかく今すぐ逃げたい」「この場所から今すぐ逃げ出したい」と思ってる人は、目の前の苦痛から逃げ出すことしか考えられません。

私もそうでした。

そのような人たちは、その時だけはもう目の前のことしか考えられない心理状態にありますので、辞めた後のことなど考えられないのです。

とにかく今は逃げる。

その後のことは、逃げた後にじっくり考える。

でもこれをずっと続けていると、いつか逃げる場所が無くなってしまうかもしれません。

逃げた後にどうするかが重要

逃げることはOK、逃げ続けることもOK、と述べました。

しかし、やはりどこかで自分の中での方向性をしっかりしたものにする必要はあるのです。

逃げ続けることもOKだけど、いつか逃げ場所自体が無くなるでしょう。

それでも良いなら、本当の意味で逃げ続けることはOKですし、仮に逃げ場所自体が無くなるまで追い込まれたとしても、そこから奮起して頑張ることができるなら、それもまた人生なのです。

何をしてはダメということは無いのが、人生の良いところだと思います。

もちろん他者に迷惑をかけたり傷つけたりすることはいけませんが、それ以外なら、人生は本当に好きなように生きて良いのです。

少し話が逸れましたが、出来るだけ逃げる前に、逃げた後どうするかを考えた方が良いでしょう。

具体的には、自分が戦える世界を探す必要があります。

自分が戦える世界というのは、例えば仕事であれば、自分の得意分野で探してみたり、自分のできることで収入を増やそうとする試みなどが挙げられると思います。

自分が戦える世界を探しましょう

自分が戦える世界、生息できるテリトリーを探すには、自分の得意分野や自分にできることをしっかり考える必要があるでしょう。

・自分の得意分野で戦う

・自分にできることで勝負する

不得意な分野で戦おうとしたり苦手なことで勝負しようとするよりも(それ自体は成長するという意味においては素晴らしい経験値になるかもしれませんが)、自分の長所を伸ばしていけるような場所で頑張ってみるのも良いかもしれません。

逃げ続けたことにより、心も体も弱ってしまってるなら、なおさらだと思います。

自分を大切にしながら、自分が心地良いと思えるような環境を作っていきましょう。