私は、恋愛してないということだけで日常が退屈だったり、詰まらなかったり、寂しかったり、物足りなかったりする人の気持ちが、あまりよくわかりません。

正直、「彼氏(彼女)が欲しい・・」と言ってる人の気持ちが、あまりわからないのです。

決してバカにしてるわけではありません。

そうではなく、恋人がいないということが、そんなに重要なのか、いまいちピンとこないのです。

というのも、恋愛は(結婚もですが)仕事と違ってしなければならないものではありませんし、そもそも相手がいなければ成り立ちません。

自分の気持ち1つではどうにもならない、自分だけでは完結できないことに、どうしてそこまで気力を割いてしまうのかがわかりません。

恋愛も(結婚も)、したければすればいい

先述した通り、恋愛も(結婚も)、本人がしたければすればよいものだと思います。

何故かこの世界は恋人がいないと寂しいみたいな風潮がありますが、全くそんなことはないと思います。

むしろ相手がいることで悩んだり悲しんだりすることもあるかもしれませんし。

もちろんそのような経験を積んで大人になるのも素敵なことだとは思います。

しかし、恋人がいないから寂しいですとか、劣等感を感じるというのは、何だかおかしなはなしだと思うのです。

そもそも、恋愛や結婚といったものは、相手と何かしらのご縁があったからこそできるものです。

縁があったからできた。なかったからできない。

たったそれだけのことなのに、どうしてこの世界は恋愛や結婚といったものを大きく捉えてしまうのでしょうか。

誰かを愛したいけど恋人がいないなら、動物でも、仕事でも、趣味でも、あなたが好きだと思えるものに恋をすれば良いのです。

少し・・乱暴な意見かもしれませんが。。

ちなみに私は仕事が好きですが、仕事に恋をして、何がいけないのでしょう?

スポンサーリンク

自分一人ではどうにもならないものに、期待を抱かない

自分の気持ちだけではどうにもならないものに、勝手な期待を抱き続けるのはもう辞めましょう。

そんなことをする暇があるなら、収入を増やすために副業を始めてみたり、スキルアップの勉強をしてみたり、自分磨きをしてみたり、自分で自分を幸せにするために時間を使った方がずっと良いでしょう。

(副業に関しては、おすすめしてるわけではありません。)

誰のためでもなく、まずは自分のために生きるのです。

それで気持ちに少し余裕ができたら、誰かのために何かできることはないか考えてみるのも良いでしょう。

他者に貢献する喜びを知ると、それだけで満たされ、幸せになることが可能です。

そしてその幸せは、消費によって与えられる一時的な満足感で得られるそれとは、比になりません。

消費によって与えられる一時的な満足感というのは、例えば高くて美味しい物を食べることや、高級品を手に入れることなどがあるかもしれません。

その時だけはとっても満足で幸せですが、しょせん一時的なものに過ぎないかもしれません。

すぐにまた次が欲しくなるでしょう。

恋愛(結婚)という呪縛から自分を解放しましょう

恋愛していても、していなくても、どちらでも幸せになることを目指しましょう。

2でも幸せだけど、1人でも幸せ。

あなたの幸せに、あなたの周りの環境は、本質的には関係無いのです。

あなたがどのような状況であっても、それを受け入れ、認め、自ら幸せになろうとさえすれば、それで良いのです。

いつまでも恋人がいない、できないからといって自分を卑下し、自ら落ち込むような日々を選択するのは、もう辞めましょう。

自分のために、幸せを作り出して生きましょう

恋愛しなくても幸せになることは十分可能なのです。

むしろ振り回されることなんてありませんし、あなたはあなただけの幸せを探し、見つけ、謳歌すれば宜しいのです。

幸せというのは、掴むものではなく、感じるものです。

たとえそれが小さな幸せだったとしても、それを集めていくような人生も、また素敵なものだと思います。

幸せは、いつでもどこでも、あなた一人だけで作り出すことが可能なものなのです。

遠いどこかにあるものではないのです。