あなたは、自分の幸せがどのようなものか、考えたことはありますか?

人によって、幸せの形はそれぞれ異なると思います。

例えば、「お金があれば幸せ」という人もいますし「お金があっても幸せにはなれない」という人もいます。

個人的には、お金があれば解決できる問題は多いですし、お金があることで幸せを掴めるきっかけは多くなると思います。

なのでお金は大切なものですし、好きなら好きでいて良いと思います。

ただ、お金がそのまま直接”幸せ”というものに結びつくかというと・・?

それはもしかしたら、少し違うのかもしれないと思っています。

お金はあくまで道具。

物やサービスと交換するために使うものであり、幸せそのものではないのです。

人がお金を欲しいと思うのは、それを使って得られる物やサービスがあるからであり、さらにその先にそれらを手に入れて感じられる喜び、幸せがあるからではないでしょうか。

そして喜び、幸せというのは、自分がそのように感じるから喜べるし幸せなのであり、お金は直接関係あるようで、実は何も関係性も無いのです。

お金はそれらを感じるための道具に過ぎないのであって、実際に幸せかどうかを決めるのはあなた自身なのです。

なので、あなたの中で、あなたの幸せがどのようなものであるのかを知るのは、とても大切なことなのです。

自分の幸せの形を知るには

あなたの幸せの形を知る方法として一番簡単なのは、あなたの好きなことを思い浮かべてみると良いでしょう。

趣味でも娯楽でも、あなたの好きなことなら何でも良いと思います。

好きなことをしてる時が、一番幸せという人が多いですが、あなたもそうであるなら、それがあなたの幸せの形の1つかもしれません。

幸せの形というのはたくさんありますので、ぜひいろいろ探してみると良いでしょう。

探し方としては、やはり自分の体で経験し、いろいろなことをやってみるのが1番良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

いろいろなことを経験してみましょう

仕事でも遊びでも何でも、たとえそれが広くても浅くても、いろいろなことを経験してる人はそれだけ自分の幸せの形を知る機会が多いかもしれません。

よく「嫌なことや嫌いだと思うことはやりたくない。」という人がいますが、自分の嫌なことや嫌いだと思うことを経験として知ってるからこそ、本当に自分の好きなことや楽しいと思えることに対しての、幸せを感じる頻度が高いのかもしれません。

不幸を経験してるからこそ、より幸せを感じられるのかもしれません。

なので、できるだけいろんなことを経験してみましょう。

嫌なことややりたくないと思うことにわざわざ飛び込むのではなく、自分の興味のあることで良いと思います。

そうやって少しずつ、自分の経験値を上げていけば良いのです。^^

自分の感情に注目しましょう

自分の幸せの形を知るためには、あなたにとってどんなことが「幸せ・・」と感じるのかを意識しなければなりません。

なので、物事に対する自分の感情にだけは常に注目するようにしましょう。

「ああ・・楽しいなあ・・」と思ったら、何故そう感じたのか分析するのです。

自分の感情に敏感になるのです。

楽しいとか幸せと感じることがあれば、それがあなたの幸せの形の1つであり、これからも求めるべきものであることがわかるようになるかもしれません。

自分の気持ちに正直に生きましょう

あれこれお話しましたが、自分の気持ちに正直に生きることができたらそれで良いのだと思います。

自分の気持ちに正直に生きるとは、自分の欲求や、求めてるものに素直になるということです。

そしてそれらを手に入れ、本当にあなたが幸せを感じられるかどうか、身をもって経験すれば良いのです。

他人の話や体験談は、どれだけ聞いても参考にしかならない場合が多いです。

自分で経験してこそ、初めてわかる、納得できることも多いでしょう。

自分の気持ちに正直に生きましょう。

それだけで良いのです。