jsissr

みんな繋がっている

かなり前ですが、潜在意識についていろいろ調べていた時のことです。

”私たち人間は、とても深いところで皆すべて繋がっている”

というようなことを知ったのですが、つまり私たち人間は潜在意識レベル、深層心理レベルで全人類、全生命体と繋がっている。

つまりは皆1つである。

ということのようなのです。

スポンサーリンク

世界が不幸なら、きっと私も不幸になるだろう

目の前の世界なんて、心の持ちようでいくらでも変えられる。

私が幸せだと思えば、目の前の世界は瞬時にそのようになるだろう。

今までずっと、私はそのように考えてきました。

今でもそう思っていますが、以前とは少し違います。

私は深層心理レベルで全人類、全宇宙と繋がっているのかもしれない。
だから自分だけが幸せになっても、他の人が不幸なら、きっと世界も不幸になっていくだろう。
世界が不幸なら、その不幸はいずれ私にもありとあらゆる現象となって降り注いでくるだろう。
だから私だけが幸せになろうとすることは、何の意味も持たないのだと思う。

限りない物欲や将来への不安。

あげたらキリのない、欲望と生存欲求。

自分の幸せばかり考える

幸せは、自分が「幸せだ」と感じた時点で幸せなのです。
他人に幸せにしてもらうのではなく、自分で幸せになりましょう

しかし自分だけが幸せになることばかりを考えてしまうと、それは最終的には自分を不幸にしてしまうことに繋がってしまうのもかもしれません。

意識を変える必要性

普段は1人の個体の人間として生きていますが、実は無意識=潜在意識の世界では全人類、全生命体、そして全宇宙とつながっているという話を本で読んだことがあります。(どの本か忘れました・・すみません・・)

全ての生命体と繋がっているのだから、みんなが滅びれば、恐らく私も生きてはいられないでしょう。

みんなが不幸でも、それでも私が幸せでありたいと願えば幸せになれるのかもしれません。

しかし私は自分のしたことで誰かが喜びを感じてくれることに大きな幸せを感じるのです。

自分の行いで誰かが喜んでくれることが、私の人生をより良いものにしてくれるのです。

それは私の生きがい、人生の目標、生きる意味でもあるのです。

物欲的な欲求を満たすことで得られる幸せもありますが、これ以上の幸せは今のところまだ感じたことがありません。

綺麗事のように感じられるかもしれませんが、私の”自分だけが幸せになっても意味が無い”という考え方は、ここからきているのだと思います。

だいぶ傲慢なことを書いてしまいましたが、私はできるだけ多くの人が自分の意志で人生を切り開き、自分だけの幸せを生きていってほしいと願っています。

そのような人が多くなれば、きっとこの世界はもっと良くなると信じているからです。

そうなればきっと、私は今以上に幸せになれる。

楽観的ではありますが、そのように思っているのです。^^