自分のことというのは、自分のことのはずなのに、何故かわからないことがあります。

他人に指摘されて初めて気付くことも多いのではないでしょうか。

他人に言われて改めて実感することもあれば、全く実感が無いので内容によっては不快に感じることも多いかもしれません。

私の場合は、後者が多かったです。^^;

頑固とか独りよがりな性格と言われた時は、正直ムッしたものです。笑

では、自分が何に興味があるかわからない時は、他人に聞けばいいのかというと・・?

普段からあなたのことを見てくれてる人がいるなら、あなたの得意なことや好きそうなことをイメージして答えてくれることもあるかもしれませんが、必ずしもそれがあなたの興味のあることとは限りません。

でも、試してみる価値は十分にあると思います。

何でもまずはやってみて、違うと思ったらまた探せば良いのです。

まずは何でもやってみる

初めは何となく怖かったり、気が進まなかったりすることでも、実際やってみたら意外と楽しかった、面白かったということはたくさんあると思います。

仕事でも娯楽でも。

逆に、絶対に楽しい、絶対に面白いと思ってやってみたことが、いざやってみると意外とそうでなかったりすることもあると思います。

その場合、その物事に対する期待値が大きすぎるのも原因の1つかもしれません。

物事に対する期待値が大きすぎると、せっかく楽しくて面白いことなのに、「なんだこんなものか・・」となってしまうのかもしれません。

なので、仕事でも娯楽でも趣味でも人間関係でも何でも、期待しない方が、人生を楽しめると考えています。

期待するから詰まらなくなるし、不幸になるのです。

スポンサーリンク

違うと思ったら、やめればいいだけ

実際に体を使って経験したことは、そのままあなたの貴重な財産になります。

どんなことでも、です。

それはイメージよりもずっと強いものだと思います。

なので、まずは何でもやってみて、イメージと違うなと思ったら、辞めればよいのです。

「私には絶対コレが向いている!」「むしろもうコレしかない!」と思っていたものが、想像と全然違っていたら・・。

恐らくショックだと思いますし、絶望するかもしれません。

でもそれで良いのです。

それがわかったということが重要なのです。

なので、実際に体で経験してみることは、大切なのです。

それでダメだったなら、また次を探せば良いのです。

その見極めをするという点で、実際に経験(体験)してみることは重要なのです。

続けてるうちに、好きになることもある

最初はイメージと違ったとしても、やり続けてるうちにだんだん楽しくなってきたり面白くなってきたりすることも大いにあるでしょう。

すぐに辞めるか続けるか、迷うかもしれませんが、すぐに辞めたとしても、いつか気が向いたらまたやろうくらいに思っておけば良いかもしれません。

期待せず、ゆるく生きてみましょう

興味のあるものを知って、それに全力で取り組んで人生を楽しみたい。

そうしないと、あっという間に人生なんて終わってしまうし、ぼーっとしてる暇なんてない。

以前の私は、こんな風に思ってました。

しかしそう思えば思うほど興味のあることは見つからず、私の気持ちはどんどん焦っていきました。

人生を無駄にしたくない。

そんな損得勘定で、私は勝手に消耗してしまったのです。

物事は、いろんな角度から見た方が面白いという話を聞いたことがあります。

人生も、楽しいことばかりでなく、辛いことや悲しいことをたくさん経験するからこそ、深みが出てくるのだと思います。

いろいろなことを経験し、興味のあることだけでなく、あなただけの価値観や物事の捉え方、考え方や信念が持てたら素敵ですね。^^