この世界は、何か1つアクション(行動)を起こすと、それが巡り巡りって自分の元へ返ってくるという話を聞いたことがあります。

ただし、それがどのような形でいつ自分の元へ返ってくるのかはわからない・・らしいです。

最初知った時は、そんな不確定でぼんやりした話、面白くも何ともないわ・・と思いましたが、その後いろいろな経験やご縁を通して、「ああ、この話は本当だったんだ…」と思うようになりました。

悪いことをするとバチが当たると言いますが、言い換えれば、悪いことをすると自分に返ってくると同じ意味になります。

それが悪いことだと自覚できていないなら、自覚できるようになるまでがその人自身の課題であるのかもしれません。

しかしもしそれが悪いことだと自覚しているのなら、すぐに辞めるべきかもしれません。

悪いことと自覚しているのなら、辞めるべき

この世界は、何か1つアクション(行動)を起こすと、それが巡り巡りって自分の元へ返ってくるという話を私は信じていますが、もしこれが本当なら、悪いことをして良いことが返ってくる・・というのは、考えにくいのではないでしょうか。

良いことをしても、良いことが返ってくるとは限りませんが、悪いことをすれば、悪いことが返ってくるのは、当然のことのように思います。

因果応報・・という言葉があるくらいですから。

なので、悪いことをすると自分に返ってくるのは、本当だと思います。

それを証明することはできませんが、悪いことと自覚してるなら、辞めるべきだと思います。

スポンサーリンク

良いことをすれば、良いことが返ってくる?

先ほど少しお話しましたが、良いことをしても、それがそのまま良い形となって自分の元へ返ってくるかどうかはわかりません。

何も返ってこない場合もありますし、予期せぬものとなって返ってくる場合もあるでしょう。

しかしそれはその時はそうだったとしても、長期的に見れば良いもの・・ということだってあるかもしれません。

初めから見返りを期待してアクションを起こすのは個人的にはあまり関心しませんが、最初はそれでも良いと思います。

悪いことをするくらいなら、良いことをした方が絶対にいいのです。

自分の身の周りの人や、身の回りの環境、さらには世界に向けて、役に立てることをしてみたり、良いと思われるような行いをしてみましょう。

その方が、ずっと気持ちが良いはずです。

自分の周りの人や物を大切にしましょう

身近な人や、身の回りにいる人を助けてみたり、フォローすることだって立派な良いことです。

あなたの知ってることや技術を、インターネットなどを利用して世の中に向けて発信してみるのも良いことでしょう。

そういう点では、現代は素晴らしいインフラが整ってるのではないでしょうか。

自分の周りの人や物を大切にするだけで、あなたは自然と良いことができると思います。

思いやりを持って、生きていきましょう

思いやりというのは、自分は持ってると思っていても、傍から見ればそうでなかったり、自分にはそんなつもりはなくても、傍から見ればそうだったり、なかなか難しいものだと感じています。

自分は思いやりを持って人と接してる・・という自覚がある場合は、より一層の思いやりを持つくらいが丁度良いのかなと思っています。^^;

その辺は、驕らないようにしていきたいものです。