この手の話は・・

すでにネット上には溢れていて、書店でも自己啓発コーナーなんかには関連書籍がわんさかあると思います。

そしてたいていの内容が・・

あなたの好きなコト・やりたいコトを全て書き出し、何でもどんどんやってみる!
目の前のコトを全力でやる!
とにかくやる!
行動!

みたいなものかと思われます。

自己啓発系の本は私も結構読んだ時期がありますし、ネットもたくさん漁りました。

そういう話題が好きだったこともあり、かなりハマっていました。

自己啓発系などの類は人によっては効果的なものもあるのかもしれませんが、実際やってみると「本当にコレでいいのかな‥?」という不安を抱いてしまう人もいるんじゃないのかなと感じています。

スポンサーリンク

好きなコト=目標になるとは限らない

例えば私はゲームや漫画が好きですが、一生ゲームをやり続けたり漫画を読み続けたりしたいとは思いません。
人生の目標が「ゲームをする。漫画を読む。」とはならないのです。
これは恐らく、皆さんそうだと思うのです。
ゲームや漫画は大好きでも、それはあくまで趣味の範疇で、人生の目標とは少し違うのではないでしょうか。

もちろんそこから発展してゲームや漫画に携わる仕事がしたいとかクリエイティブな活動がしたいという目標が生まれることもあるでしょうし、それはとても素晴らしいことです。

上手く説明できず申し訳ありませんが、それでも何が良くて何がダメということは無いので別にゲームしたり漫画読んだりすることが人生の目標でも全く問題ありません。

ただそれに何か違和感を感じる場合は、少し考え方を変えてみると良いかもしれません。

どんな環境の中に身を置きたいか

自分で探した本や知人に教えてもらった本などいろいろな自己啓発系の書籍を読みあさった結果たどり着いた結論は・・

自分はどのような環境の中に身を置き、どのような生活をしたいのか

ということでした。

この問いに対する自分の正直な気持ちを確認することができれば、それがそのまま目標になります。

・どのような環境に身を置きたいのか⇒住む場所・街・家・部屋
・どのような生活をしたいのか⇒仕事・人間関係・趣味

要はどのような生き方をしていきたいのかという部分を明確にしようということです。

どんな街に住んで、どんな仕事をしているのか
周囲にはどんな人がいて、どんな生活をしているのか

リアルにイメージできれば最高ですし、実際にその生活をしている自分になりきってみるのも良いでしょう。

あなたの潜在意識が「その生活をしているのが当たり前」と思えば、それは現実になるかもしれません。
(もし興味があれば 潜在意識 で調べてみてくださいネ。)

明確な目標を決める必要はない

私の目標はコレ!
という風に断定できればいいんですけど、いまいちピンとこない場合もあるでしょう。
ですので私は夢に向かって努力したり好きなことを全力でやってる人がとても羨ましく感じる時があります。

とは言え無ければ無いで問題ありませんし、絶対に決めなくてはならないものではありません。

そういう場合はとりあえず先にお話したようにどのような生き方をしたいのかを自分の中でイメージしてみましょう。

漠然でいいんです。
ぼんやりでいいんです。

その際に普段から好きでやっているコトややりたいコトを絡ませてみるのも良いかもしれません。
なんとなくイメージが固まったら、その生活を実現させるために必要なものを調べていきましょう。

時間をかけてゆっくり取り組むのが良いので、ぜひやってみて下さいネ。