jbjani

自分の人生とは?

「自分の人生を生きなさい」と言われることがあります。

しかし「自分の人生」って何でしょうか?

恐らく「悔いの無いように」「後悔の無いように」という意味が含まれているのだと思いますが、ではこの「自分だけの人生」を生きるにはどうしたら良いのでしょうか?

今の自分を否定している

今よりももっと幸せになりたいと思うのは悪いことでも何でもありません。
むしろ正常であると言えるでしょう。

しかしこれは「もっと幸せになりたい」と思うと同時に、どこかで今の自分を否定してしまっているのかもしれません。

今の自分が置かれている状況に満足できないから、もっとお金が欲しい、もっと良い暮らしがしたい、もっと幸せになりたいと思ってしまうのかもしれません。

もちろんそうした気持ちを持つこと自体は悪いことではありません。
その気持ちをバネに努力するのも良いですし、逆に今ある物に感謝できるようになればそれは素敵なことだと思います。^^

自分がすでに持っている物に対して感謝の気持ちを持つというのは、私もそうですが意外とできないものです。

無理やり感謝する必要はありません

スポンサーリンク

あなたが理想とする人生とは?

「あなただけの人生を生きる」というのは、「あなたが理想とする人生をあなたなりに生きてみる」という解釈で良いのかなと個人的に思ってます。^^;

そもそも何をもって「自分だけの人生」なのかがちょっと分かりづらいような気もしますし。^^;
あまり深く考えず、都合よく解釈して宜しいかと思います。

では「あなたが理想とする人生を、あなたなりに生きる方法」ですが、まず具体的にあなたがこの人生において何を求めているのかを知る必要があります。

例えば好きなコトやりたいコトがそれに当たるでしょう。
他にもいろいろたくさんあると思います。

あまり思いつかないようでしたら、あなたがこれまで生きてきた中で、楽しい、嬉しい、最高に幸せだ!と感じたことがヒントになるかもしれません。

何も求めない人生だって大アリです

とは言え「自分の人生には特に何も求めてないけど何か?」という方もいるかもしれません。

もちろんそれはそれで、全然良いのです。
生きる上で夢や目標はあった方が良いと個人的には思いますが(人生を楽しむスパイスとして)、無ければ無いなりに人生を楽しんで良いのです。

正しい生き方なんてありませんし、「特に夢や目標は無いけど、ゆるく心地良く生きられたらそれでいい」って思えたらそれで良いのです。

夢や目標など無くても生きていくことはできますし、そもそも人生は、とにかく死ぬまで生きればいいだけだと思っていますので、夢や目標に囚われてしまう必要は無いのです。

世の風潮やメディアなどに気持ちを掻き乱され、「何か夢を持たなきゃ」「目標を持たなきゃ」と焦って自分を苦しめる必要も無いのです。

「自分だけの人生を生きなきゃ・・」と言って闇雲に自分を急き立てることはありません。

地に足がついていないのに、自分の中の土台が固まっていないのに、その上に無理やり何かを積み上げようとしてもすぐに崩れてしまうでしょう。

ラクに考えましょう

生きていくにはどうしてもお金が必要ですし、そのためには仕事もしなくてはなりません。

お金がない。。
正社員になれない。。
結婚できない。。
彼女(彼氏)がいない。。

人生、辛くて不安なことだらけだ。。

自分に足りないものを挙げるとキリがありません。
しかしたとえ足りないものを手に入れたとしても、恐らくまたすぐに別な不安が生まれてくるでしょう。

お金はいつか無くなってしまうかもしれない。。
正社員になってもリストラされてしまったり、会社が無くなってしまうかもしれない。。
結婚しても、離婚してしまうかもしれない。。
彼女(彼氏)ができても、別れてしまうかもしれない。。

人生、不安なことだらけだ。。

自分の価値観や考え方、物事の捉え方が変わらない限り何を手に入れても不安ですし、この先も何も変わらないのかもしれません。

もっと気持ちをラクにしていきましょう。

お金や体裁、損得勘定を抜きにして、あなたが本当にこの人生で求めていることは何なのか。

自分と向き合いながら、少しずつで良いのでゆっくり時間をかけて探してみましょう。

いくつか見つかったら、今度はそれらを実現するために何をどうしたら良いのか考えてみましょう。

「理想とする人生=あなただけの生き方」に向かって歩き出した時、それがあなたの本当の人生の始まりなのかもしれません。

まとめ

今よりもっと幸せになりたいと思うのは決して悪いことではありません。

しかしただ漠然と「お金が欲しい」「幸せになりたい」と思うだけでなく、もっと具体的にあなたが人生において求めているもの。真にあなたの心を満たすものを探してみるのです。

夢や目標を無理に掲げることはありません。
自分の心が否定しているのに、世の中の空気や風潮に翻弄されて自分にウソをつく必要も無いのです。

本当に心の底からあなたが求めているものを見つけるのです。

そのためには自分との対話が必要です。
あなた自身の心の声に、しっかりと耳を傾けるのです。

自分が何を求めているのか分からなければ、あなたがこれまで経験したことの中で特に楽しい、嬉しい、幸せだ!と感じたことがヒントになるかもしれません。

「こんな人生を生きたい!」と思ったら、それに向かって真っすぐ突き進んでみましょう。

歩き始めたその瞬間から、「あなただけの人生」がスタートするでしょう。