漠然と将来が不安になる時があります。

まだ何も決まっていないのに、どうなるかなんて実際その時になってみないとわからないのに、それでも不安になるのです。

その不安があまりに大きくなってくると、次第に私生活にも影響が出てくるでしょう。

例えば、将来に対して悩んだり考えたりする時間が増えるわけですが、何もせず黙ったまま悩んだり考えたりしてしまうようになるので、他のことが手につかなくなるのです。

まさに、その場で立ち止まってしまうような状態です。

人生に対して悩んだり考えたりすることは普通なので、何も悪いことでは無いと思います。

ただ、いくら悩んだり考えたりしたところで、答えが出ないものもあります。

そのうちの1つがこの、将来に対する不安ではないでしょうか。

目の前のことに取り組む

どうしていいかわからない時は、とりあえず目の前のことに取り組むことをおすすめします。

仕事なら仕事、趣味なら趣味。

私は仕事をすることが多いですが、そのようにして今できることをやっていることで、いきなり次のステージへの扉が開かれることがあるのです。

具体的には、新しい仕事に関するお話だったり、新しい出会いだったり、新しい環境だったり、いろいろです。

何もせず黙って悩んでるだけでは、解決するどころか、どんどん泥沼にハマってしまい、いつまで経っても脱出することはできないのです。

なので、そういう時ほど、目の前のことに取り組む姿勢を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

体を動かす

少し単純なお話かもしれませんが、普段あまり体を動かす機会の無い人ほど、体を動かすことは重要かもしれません。

散歩でもランニングでも筋トレでも、あなたに合った方法で、あなたが続けられるものをどれでも良いので1つ始めてみてはいかがでしょうか。

私は昔から大の運動嫌いで、そういったものとは全く無縁の生活を送ってきました。

しかし社会人になって数年経ち、ほぼ1日中パソコンの前から動かないような生活をするようになってからは、運動に対する意識が変わりました。

階段の上り下りや、私生活の中で行う何気ない動作に、なんとなくガタを感じるようになったからです。

「これはヤバい・・」と思い、運動することにしました。

私の仕事仲間はほとんどの方がジムへ通っています。

私は外へ出るのが億劫なので、家の中でできる運動(筋トレ)をしています。

と言ってもスクワットと腹筋ローラーを1日おきに交互にしてるくらいで、それ以外は何もしてません。

それでも続けることで少しは効果が出てきてるのか、今まで筋肉の無かった場所に筋肉を感じるようになったり、そのせいかわかりませんが、階段の上り下りがラクになりました。

以前感じていた体のガタが、無くなった気がするのです。

また運動することで、なんとなく精神的に強くなっていってるような気もします。

実際にそういう話を聞いたこともありますし、健康のためとはいえ、始めて本当に良かったなと思っています。

家でできる運動であれば、お金もかかりませんし、いつでもできるので、良いのではないでしょうか。^^

立ち止まって悩むのを辞める

人間は、放っておくと、どんどんラクな方ラクな方へと逃げるようにできているという話を聞いたことがあります。

何もせずに黙って答えの出ないことを延々と考えたり悩んだりするのも、ある意味その状態がラクだからなのかもしれません。

なので、悩むのは良いですが、立ち止まらないことです。

悩むなら、何かをしながら悩むようにしましょう。

2つのことを同時にする・・という意識ではなく、悩み事を頭の片隅に置きながら、他のことをするイメージで良いと思います。

とにかく立ち止まらないことです。

黙って悩みださないことです。

将来を幸せに生きたければ、今を幸せに生きるべき

最後に、将来を幸せに生きたいからという理由で、今を辛く生きる人がいます。

しかし、将来というのは、今この瞬間の延長線上でしかありません。

今が幸せでないのに、どうして将来いきなり幸せになれるというのでしょうか。

将来を幸せに生きたければ、今を幸せに生きるべきなのです。

いつか幸せになりたい・・と思うなら、まずは今を幸せに生きるべきですし、今幸せになろうとしなければならないのです。

「今を幸せに生きるためには、どうしたら良いのか。」

この問いを自分自身に向けることができて初めて、あなたは今どうしたらいいのかがわかるようになるのです。