歳を重ねるにつれて、大人になるにつれて、いつの間にか自分の中に小さな虚無感といいますか、何か虚しさを感じることが多くなったような気がします。

それに伴い、とにかく頻繁に感じるようになったのが・・

何をすればいいかわからない

ということでした。

もっと具体的に言うと・・

・何をして生きていけばいいのか分からない

・どうやって生きていけばいいのか分からない

というような、人生の生き方について悩むようになってしまったのです。

今回は、そんな私がこれまでいろんな本を読んだり、いろんな人からお話を聞いたり、自分で見聞きした経験などを通して今実際に感じてることをいくつかお話したいと思います。

あなたが同じようなことで悩まれてるとしたら、何か少しでも参考にして頂ける部分があるかもしれません。><

何かしなきゃと思う必要は無い

何をしたらいいんだろう・・

どうしたらいいんだろう・・

と思ってる時ほど、何かしなきゃと焦ってしまうものなのかもしれません。

そんな時、もしやるべきことがあるなら別ですが、そうでないのなら、特別何もしなくていいと私は思います。

それが辛いから困ってる・・のかもしれませんが、「何かしなければならない・・」と焦ってしまうのは、それだけ人生というものをちゃんとしたものにしなければならない・・ですとか、何としてでも幸せにならなければいけない・・ですとか、そのようなある種のプレッシャーからきてるような気がするのは、私だけでしょうか・・。

人生をちゃんとしたものにしなければならない

何としてでも幸せにならなければいけない

こんな風に、自分の人生に期待しようとしてしまうと、それが原動力となり前向きになれるなら良いのですが、そうでないなら、辞めた方が良いのかもしれません。

自分の人生に過度に期待を持ちすぎると、生きるのがどんどん辛くなります。

スポンサーリンク

生きてることに意味なんてない

私は、自分が生きてることに、大した意味は無いと思っています。

人間が生きるのは、自分の子孫を残し、繁栄させるため・・という話を聞きますが、自分の子孫を残し、繁栄させ続けていくことの先に、一体なにがあるというのでしょうか。

私にはどうしても、そこに意味を見い出すことができないのです。

なので、生きてることに、特別意味のようなものは何も無いと考えているのです。

死ぬまで生きればいいだけ

ということは、人生なんてとりあえず死ぬまで生きれば良いだけのものであり、それ以上でも以下でもない。

これが私の出した結論でした。

これによって、例えば「自分の人生には大きな価値があって、立派に生きなければならなくて、何か大きなことを成し遂げて後世に残さなければならないんだ・・」などというプレッシャーからは自分を解放してあげられるかと思われます。

人生なんてとりあえず死ぬまで生きれば良いだけのものであり、それ以上でも以下でもない。

この考え方を自分の中のベースとし、その上でこの先、自分に残されているであろう時間をどのように使っていくかを考えた方が、気持ち的にはずっとラクなのではないでしょうか。

人生なんて、適当でいい

最近よく思うようになったのが、人生なんて、適当でいいんだ・・ということです。

ちゃんと生きなければならない・・と思うから、余計辛くなるのです。

もちろん生きるためにはお金が必要ですし、お金を稼ぐには、働かなくてはなりません。

でも、もっと気楽にやって良いんだ・・と思えるようになりました。

また周囲の人間と、自分を比べる必要もありません。

収入の差や、恋人がいるorいない、結婚してるorしてない、子供がいるorいない、財産があるorない、などなど、他人と自分を比べ、その差を埋めようとするために頑張ることは、時に良いことなのかもしれませんが、人生においては、特別価値のあるようなものではないかもしれません。

人生なんてとりあえず死ぬまで生きれば良いだけのものであり、それ以上でも以下でもない。

これをあなたの中で1つの基本とし、その上で今後の人生(残された時間)をどのように生きていくのかを考えてみても良いかもしれません。

自由に楽しむのも良し

好きなことを追求するのも良し

やりたいことを探してそれをやるのも良し

何でも良いと思います。

ただ1つだけ注意することがあるとすれば、他人に迷惑をかけたり、傷つけたりすることは無いようにしましょう。

特にあなたと交流してくれる人、繋がっていてくれる人のことは、大切にした方が良いでしょう。

ご縁あって恵まれた出会いなら、なおさらです。(経験上)

あなたの毎日が、今よりほんの少しでも穏やかで心地良いものになることを願っています。