何かしたいけど何をしたらいいかわからない

もっと好きなことに夢中になって没頭するような人生を送りたい。

何かに打ち込んでいるような人間になりたい。

けど何をしたらいいのかわからない。

どうしたらいいのかわからない。

昔の私がよく思っていたことです。

何かしたいけど、何をしたらいいかわかりませんでした。

でもコレって、よくよく考えると可笑しなことなのかもしれません。

スポンサーリンク

結果が目的化してる

何をしたいのかも決まってないのに、その先にある結果にばかり興味を抱いてしまう。

例えば仕事が好きなわけではないのに、成功して自由なお金と時間を手にした生活にばかり興味を抱いてしまう。

何かに夢中になって没頭し、傍から見て輝いている人というのは、単純に取り組んでいるものそのものが大好きで、夢中になって没頭し、輝いて見えるだけなのかもしれません。

ですので自分が選んだ何かに夢中になれるかは、ひとえにその何かにどれだけ情熱を傾けられるかが重要になってくるのかもしれません。

いくらその先に待っているかもしれない成功に興味を抱いたところで、そこにたどり着くまでの過程に情熱を持って取り組むことができなければ到達不可能なのです。

社会的な成功や自由なお金や時間というのは、結局は取り組んだ物事に付随した側面的な価値に過ぎません。

どれだけ”それ”に情熱を傾けられるか、関心があるか、好きでいられるか。

それが重要なのです。

何でもそうですが、最終的に一番大切なことは、情熱なのです。

情熱を持てるほど興味のあることを見つけましょう

少し大きめの紙に、今気になってるものや好きなこと、興味のあることを何でも良いので書けるだけ書き出してみましょう。

書き出したら、それらを1つずつ実際に試していきましょう。

頭の中で思い描いてるイメージと、実際にやってみるのとでは全く違うことがよくあります。

実際にやってみて、それが本当にあなたの情熱を傾けられることなのか検証してみるのです。

とは言え何事も最初の触りだけではわからないこともありますし、最初は嫌だったけどどんどん好きになるというのもあるかもしれません。

ですので少し時間がかかると思いますが、何でも試してみる、やってみることをオススメします。

見つからない場合は?

情熱を傾けられるものが見つからない場合。

好きなこと、やりたいことを見つけたいけど、どうしても見つからない。わからない。

そのような場合は、これからどんな感じで人生を歩んでいきたいかを考えてみると良いかもしれません。

もちろん漠然とした感じで良いですし、緩いイメージで構いません。

例えば・・

・どんな街に住んで

・どんな部屋に引越して

・どんな生活をするのか

・仕事は?

・趣味は?

・人間関係は?

こういった感じで、具体的なライフスタイルをイメージしてみるのです。

もちろんあなただけの、理想的な形で。(´ω`)

それができたら、今度はそれら1つ1つのライフスタイルを実現するために、今何ができるのか、何をするべきなのかを調べるのです。

これは多分すぐ見つかると思います。

例えば私の場合ですと・・

・引っ越すための費用を用意する

・やりたい仕事のための準備をする

・趣味を始めるための下調べをする

少し抽象的ですが、望んだライフスタイルを実現するために今からできることが見つかると思います。

これらは手段であって決してやりたいことではないかもしれませんが、何も見つからない場合はとりあえず人生の方向を定めてみるのも良いかもしれません。

私は定期的に実践してますが、結構楽しいです。

その時々でイメージするものが変わったりするので、そのような自分の変化に気づくこともできるかもしれません。

ぜひ参考までに。(´ω`)