oknsnhh

ベッタベタな話ですいません。

釣りクサい記事タイトルで申し訳ありません。。

半分ウソですが、半分は本当なんですヨ。。
っていうお話をさせて頂きたくこのようなタイトルにしました。m(_ _)m

お金が無くても幸せになれる。

要はお金だけあってもダメだっていうベッタベタな話ですが、それにもう少しだけ個人的に思うところを書きたいと思いますのでもし宜しければご覧ください。m(_ _)m

お金はあっても無くてもあんまり変わらない

お金があれば本当に幸せになれるのか?にもある通り、お金は大切だけど、お金があっても変わらないものは変わらないようです。

例えば毎日の生活。
少しくらいお給料が上がっても、多分生活はほぼ変わらないと思います。
今は何かにつけて将来の不安をいろんな角度から煽ってくるような時代ですから、手にしたお金は使わず貯める方が大半なのではないでしょうか。

それに多少お金を持ったところでそれが莫大な金額でない限り、生活レベルはそれほど変わらないように思います。

せいぜいたまに贅沢したり欲しい物を買ったり、その程度のように思います。
(家計の足しにするため。。というのを否定するわけではありません。決して。)

たまの贅沢や欲しい物を買うだけでしたら、時間はかかりますがお金を貯めれば実現できることばかりではないでしょうか。

つまりお金があっても、それが莫大な財産レベルでない限り特に何も変わることはないのです。

一時的に贅沢を味わったりして、そこそこ幸せな気持ちに包まれることはできるのかもしれませんが、それで終わりです。
そんな幸せが一生続く保障なんてありませんし、こんな時代ですから貯める方が大半のように思います。

つまりお金があっても無くても、現実は何も変わらないことの方が多いのです。

強いて言うなら、精神的な余裕ができるくらいでしょうか。

それでも「お金が欲しい」と思うのは、お金さえあれば何とかなる、幸せになれると思い込んでるだけなのかもしれません。
そこから先のことを考える必要もありませんし、「お金が欲しい」と思ってた方がラクだからです。

つまり完全に思考停止状態なのです。

そもそも「お金が欲しい」と思う理由が、私のように「贅沢したい」とか「欲しい物買いたい」とか「ラクして暮らしたい」とかそんなレベルだったりしますと、その欲求さえ満たされれば満足なワケですから、それ以上何も起こるハズが無いのです。^^;

お金は何か目的を達成させるための手段の1つくらいに思っていた方がまだ良いのかもしれません。

お金は大切なものですが、お金そのものが目的になってしまいますと、悪いこととは思いませんがちょっと勿体無いのかなと思います。。^^;

あ、本当に、お金はいらないとか貯金は必要ないとか、そういうことではありませんので><

スポンサーリンク

物事の捉え方を改める

このようなお話ばかりしてますと、結局最後は精神論で片づけられてしまうことが多いです。^^;

確かにどんなにアレコレ主張したところで、お金が無ければ空腹を満たすことができません。
今晩の食事も用意できません。

精神論で、お腹はいっぱいになりません。。
なれば良いのですが。。苦笑

しかしたとえ精神論と言われようと、このような”お金”に対する価値観や考え方を改めることによって、人生は今よりもずっと豊かになっていくように思います。

物事の捉え方が変わることが重要なのです。

価値観や考え方が変わり物事の捉え方が改められると、人生のあらゆる事において気持ちが寛容になり、あらゆる面で自身の可能性が広がっていくのを感じるでしょう。

人生はいろんな楽しみ方ができることを知るからです。

そして1日1日を大事に生きることができるようになれば、例えばですが詰まらないと思ってた仕事に取り組む姿勢も変わるかもしれません。

「今日この日の仕事を、できうる限り最高のものにしよう。」

同じように「自分の人生を、自分の納得できるような形で生きていこう」と思えるようになるかもしれません。

そんな気持ち、考え方、価値観が、あなたの人生を楽しく喜びに満ちたものへ導いてくれることでしょう。

仕事に行きたくない/今の仕事が合っていない気がする