ardjikkh

お金があれば幸せか?

何だかんだ言って世の中の中心は銀行です。
この世界で生きていくためにはある程度のお金はどうしても必要になってきます。

ここでよく耳にするのが「お金だけあってもダメ」という話かもしれません。。

個人的にはお金はあるに越したことはないと思っています。^^;

しかし「お金があれば幸せになれるのか?」と問われたら、一概にそうとは言い切れないのです。。

以下はちょっと極端かつ現実的な話になりますが、、、。

例えばお金がたくさんあっても使う時間が無いまま人生を終えてしまうかもしれませんし、せっかくたくさん稼いでも税金でたくさん持っていかれてしまうこともあります。

私は少しだけ副業をしていますが、自営なので収入は常に不安定です。

多く稼げる時もあれば、稼げない時も多々あります。
その波を楽しむのも自営の醍醐味ではありますが、結局いつどうなるかわかりませんので、稼いだお金をジャンジャン使いまくるなんてことはできません。^^;

税金で支払う分も残しておかなくてはなりませんし。。

つまりお金を稼いでいてもいなくても、生活はほぼ変わらないのです。

「今よりももっと豊かな生活がしたい」
「欲しい物は全部買いたい」
「だからお金が欲しい」

「お金さえあれば、人生が変えられる・・!」

人それぞれお金が欲しいと思う理由は様々です。

ですがお金を手に入れた所で、欲しい物は買ってしまえばそれで終わりですし、豊かな生活というのも半永久的に続けられる保障なんてこのご時世そう簡単にはいかないように思います。

それにお金は使ってしまえば無くなって終わりです。
(生きたお金の使い方ができれば、倍かそれ以上になって返ってくることもあるかもしれませんが。。^^;)

ですから「お金があれば幸せになれる」というのも、一時的にはそうであったとしても、それがその先もずっと続いていくとは限りません。

莫大な金額のお金を所持することになるならまた別な話かもしれませんが、私のような普通レベルかそれ以下の庶民が多少お金を持ったところで、日々の生活が劇的に変わるというのはあまり無いのかもしれません。

現に自身の生活が充実してると感じたのは、副業の仕事が上手くいっていたり仕事仲間と交流してる時などが主で、ハッキリ言ってお金とは何の関係も無いところばかりなのです。

私はそれまでずっと「お金さえあれば人生を変えられる!」「今よりもっと充実した毎日を送れるし、幸せになれる!」と思って生きてきましたが、実際に充実して幸せを感じたのは何でもないような日常の一部分でした。

とは言え決してお金なんていらないというお話ではありません。
お金は大切なものです。
人を助けることもできますし、夢を叶えるために必要な時もあるでしょう。

お金は目的を達成させるための手段に過ぎないのです。

それなのにどうしても私のような人間は”お金そのもの”に心を奪われがちだったものですから、「とにかくお金さえあれば何とかなる」と思い込んでいたのです。

スポンサーリンク

お金に執着しない生き方

お金は無いよりあった方が良いのは禿同ですが、莫大な金額で無い限りそんなに生活は変わらないのかもしれません。

現にお金持ちの方は質素な暮らしをされてる方が多いです。
お金は使ってしまえば無くなりますし、半永久的にずっとお金持ちであり続けられるとは限りませんので、そのあたりのことをよく考えてみますと、十分納得できるように思います。

つまりお金があっても無くても今の生活は何一つ変わらないのかもしれないのです。

たとえお金持ちになったとしても、それが一生続くとは限りません。

そんな一時的な幸せに、はたして魅力があるでしょうか?

お金はあるに越したことはありませんが、生活していけるだけの収入があればいいし、貯金だってできる範囲ですればいい。

そうなりますと、それほどお金に執着する必要性が無くなってくるのです。

ささやかな体験談ですが、お金に執着しなくなると途端に良いことが起こり始めます。

・お金のことを考えないから、他のことに意識が向くようになる
・それは自分の好きなことだったり、やりたいことだったり
・それらを思い切り楽しむことができるようになる

「自分の人生をもっと楽しもう、もっと充実させよう」と純粋に思えるようになるのです。

そして「自分がこの世界で何ができるのか」を考えるようになるのです。

この世界に対して、自分は一体何ができるのか。

そうしたことを考えてみるのも、充実した人生に繋がっていくのかもしれません。^^